【作詞講座】ソングライティングセラピーの弱点を話しておこうと思う

作詞講座 歌詞添削コース makoto ATOZI

いいことばかりではなくて作詞講座の弱点もお話しします。

作詞家 Makoto ATOZIはソングライティングセラピー作詞教室と銘打って、作詞講座を開講しています。

日々の暮らしの中に歌を描く時間を取り入れましょうというご提案。

そして、ご自身がライブ活動中などの場合はオリジナルソングのブラッシュアップをアドバイスしますという姿勢で作詞法を教えています。

私自身、25年間、歌を書いてきて、昔ではわからなかったことでも、今ならわかるということがあります。

自分が歌を書くことで気づいてきた経験、良かったこと、失敗、双方を率直にお伝えする講座です。

 

作詞講座 Skypeオンライン作詞教室 Makoto TOZI

3種類の作詞講座スタイル

講座には3種類の学び方があります。

  • 作詞された歌詞を添削する歌詞添削コース。
  • Skypeによるオンライン対面式コース。
  • メールによるメール文通タイプコース。

それぞれに、ご自身の趣向に合ったコースをお選びいただく形を取っています。

私自身としてはSkypeコースをイチ推しの講座としてお勧めしています。

わからないことも率直にダイレクトに質問できますし、何よりもリアルタイムで作詞の知識が入ってくるという経験は、あまり他では体験できないことだと思うからです。

1時間5,000円が安いのか高いのかは、どうかお試しになって感じてみてください。

作詞講座 メール文通式レッスン Makoto ATOZI

ソングライティングセラピー作詞教室の弱点

ところで表題にある私の作詞講座の弱点について。

この講座の講師は私一人のみです。

そのため、様々な楽曲、歌詞の方向性に対応はしながらも、どうしてもアトジイズムのような特殊性はあります。

私の書いてきた歌自身、個性の強い楽曲が多いため、もしも私の書いた楽曲への興味からではなく、なんとなく良さそうだからという理由で学ばれた場合は、せっかくの講座で学べるはずの良い部分を享受できないこともあり得ます。

また、講師であるMakoto ATOZIは作詞講座を行いながら、自身の作詞の仕事も並行して順次行なっています。

そのため、締め切りが重なる期間などは、どうしてもアドバイスシートの返信が遅くなり、期間ギリギリということもよくあります。

作詞講座を優先してほしいというお気持ちはもっともですが、作詞家 Makoto ATOZIが実際に作詞家として稼働してこその作詞講座でありますことをご理解いただけましたらありがたく思う次第です。

そして一番の弱点というか特徴でもあるのですが、ソングライティングセラピー作詞教室は作詞技術の向上に特化しており、プロ養成講座などとは一線を画した作詞講座でもあります。

もしも作詞コンペへの斡旋などを望まれているような方は、そのような講座は他にもありますので、そちらで学ばれますことをお勧めいたします。

以上赤裸々に、ソングライティングセラピー作詞教室の弱点についてお話しさせていただきました。

それでも真心を込めて向き合う作詞講座としては、自信を持っていますので、作詞家 Makoto ATOZIの作詞に対する考え方、25年の経験、シンプルに歌の書き方を学びたいという方は是非、お気軽に門をたたいてみてください。

あなたからのご入会申請を心よりお待ちしています。

 

Makoto ATOZI

 

【作詞講座】あなたの詩が音楽になるように

生命は皆、素晴らしき詩人

誰にも見せることなく手帖に詩を書き溜めているという人は多い。

女性だとその数はさらに増えて、恋愛のこと、友達のこと、人生のこと、家族のこと、詩に紡いで、引き出しにしまったままという方々も、このページをご覧いただけているのではないかな?

私たちは生きているということだけで、感受性の扉は開き、人それぞれの世界観で、その人ならではの面白さ素晴らしさを持っているもの。

私は自分の作詞講座では、それらの詩を音楽にするためのお手伝いをしたいのです。

ただの詩でしかなかった言葉といえば、少し失礼かもしれないけれど、詩の断片でもいいので、それを歌の形にして、音楽として歌えるようにする。

もしかしたら、あなたの書いた詩が歌になり、何らかの化学反応を起こすこともあり得るのかもしれない。

作詞講座 Makoto ATOZI

初心者から実践的アーティストまで

初心者の方々の詩を歌にするということも目的の一つですが、もう一つのこの講座の役割として、現在活躍中のアーティストの歌のブラッシュアップにも役立てていただきたいという志があります。

作詞家 Makoto ATOZIは今までにもデビューを控えたアーティストへの歌詞指導、実際に活動中のアーティストとの歌詞制作、専門学校での臨時講師なども行ってきました。

生き生きとした歌詞をさらに昇華させる。

そのために是非、ソングライティングセラピー作詞教室をご利用ください。

現在進行形のアーティストへのレッスンは少し厳しめになりますが、それもご理解の上でご入会いただけましたらと思います。

時代を経ても色あせないような歌を書きましょう。

最高なポテンシャルのアーティストとの出会いも楽しみにしています。

私自身、ここからがまた作詞革命。

面白いことをしていきましょう。

 

Makoto ATOZI

 

作詞講座 歌詞添削コース makoto ATOZI

作詞講座 Skypeオンライン作詞教室 Makoto TOZI

作詞講座 メール文通式レッスン Makoto ATOZI

人生にはいつも歌がある

今日は7月7日。

七夕ですね。

織姫と彦星、会えますように。

天気予報によると夜前に少し降りますが夜中は雨ではないようです。

 

今、私はSpotifyでジョアン・ジルベルトを聴きながら、このブログを書いています。

ジョアン・ジルベルトのアルバム「三月の水」

作詞家としてデビューした当時、よく聴いていました。

江本勝著の「水からの伝言」などが流行した時代ですね。

私が歌詞を書いた楽曲「楽園」がロングセールスを記録した時代。

ボサノヴァ、ジャズを好んで聴いていました。

当時、渋谷の「カフェ・アプレミディ」というカフェのセレクトアルバムも好んで聴いていた。

 

懐かしいな。あの時代。

東急ハンズ前にあった雑居ビルの中の一室にある占い師さんや、その隣のオーガナイザーさんが展開する小さなお店にもよくお邪魔した。

あれから25年。

ホームページをリニューアルしました。

すごくシンプルになったホームページ。

作詞レッスンの情報多めというか、そればかりな感じですが、これからブログもまた書いていきます。

 

この広いインターネットの世界。

絶滅危惧種と言われる職業の作詞家で、しかもMakoto ATOZIという有名でもないこのホームページへとたどり着いたあなたはかなりにマニアックヒューマン!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

いい歌書きますよ。

これからもずっと。

作詞をもしも学んでみたいというお気持ちがありましたら、

全くの初心者の方でも全然大丈夫。

お気軽にお問い合わせください。

 

七夕の日に、あまりロマンチックでないブログを書く作詞家をどうかお許しを。

お二人が今夜会えますように。

世界が幸せでありますように。

 

→アメブロ書いています。

 

作詞講座 メール文通式レッスン Makoto ATOZI

 

Makoto ATOZIより ごあいさつ

Makoto ATOZI

 

はじめまして。

作詞家 阿閉真琴と申します。

時代のいたずらか、2000年。

平井堅『楽園』より作詞家のキャリアをスタート。

楽曲『楽園』は年間28週ランクインをする、

ロングセールスを記録しました。

同曲の収録されたアルバムはベストを含めると、

すべてで400万枚を超えます。

世界は不思議。

奇跡に満ちています。

この10年ほどは釈迦の教え、インド・

東洋哲学に救いを求め、

世捨て人のような暮らしをしてきました。

2024年に入り、何か自分の中で新たな光を生むべく、

動き出したエナジーがあります。

人生諸行無常。

歌こそが我が真我の道。

歌を書き、そして教え、

この人生を楽しみたい。

崖っぷちで微笑みをかましている愚か者ではありますが、

あなたとも音楽でお会いできますよう願いを上げます。

世界よ時代の疲弊にあきらめず、

明日に希望を見ましょう。

僕は音楽で、この25年の思いを歌にして、

価値あるものを放ち続けます。

これがビッグマウスになるのか、真になるか。

是非、見届けてください。

今までに書いてきた歌たちのためにも、

作詞家として豊かな道を歩もう。

影にもひだまりにも光を灯し続けます。

時代を経ても色あせない歌を、

世界に伝えたい。

世界中の涙よ空に愛を歌え。

 

Makoto ATOZI

 

作詞家 あとじまこと